マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

世界の防衛費増大で経済が動く インフレ時代のいま投資に目を向けるべき理由

2022年4月18日 6:00 女性セブン

インフレ時代に投資とどう向き合うべきか(イメージ。Getty Images)
インフレ時代に投資とどう向き合うべきか(イメージ。Getty Images)

 この4月から、高校の家庭科で「金融教育」の授業が始まった。年金や保険の知識だけでなく、株や投資信託についても教えるという。だが当然ながら、学校で扱うのは、基礎的なことが中心。本気で資産を増やしたい大人は、投資の“近道”を知っている──。

 ロシアがウクライナ東部への軍事侵攻を開始したのは、2月24日。ただでさえコロナ禍が続く中、突然の戦争に、世界中で不安が高まり、株価も世界的な下落に見舞われた。個人投資家で、『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』などの著者・遠藤洋さんが言う。

「今回のように世界中で不安が高まると、より安全な資産を持とうと、持っていた株を売って、現金や金(ゴールド)、暗号資産(仮想通貨)に換えようとする動きが高まるため、結果的に株価が下がります。しかし、冷静に考えると、戦争が始まったからといって、直接的なダメージを受ける会社はそれほど多くない。多くの日系企業の業績自体はさほど変わらないでしょう」

 投資の基本は「安いときに買って、高いときに売ること」。株を手放したがる人が増えているいまは、投資の始めどきでもあるのだ。カブ知恵代表の藤井英敏さんも、こんな見方をする。

「民間か政府がお金をたくさん使うと、景気がよくなる。いまは世界的に自国防衛の機運が高まっているので、各国が防衛費を増やした結果として、経済が動くことが予想されます。皮肉にも、戦争が起こると景気がよくなるという通説があるのです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。