マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

ドリームジャンボ宝くじ 過去の高額当せん者が発した「ありがとう」の一言

2022年5月5日 7:00 マネーポストWEB

初めて「ありがとう」と言って、宝くじを買ったところ…(イメージ。Getty Images)
初めて「ありがとう」と言って、宝くじを買ったところ…(イメージ。Getty Images)

 1等と前後賞合わせて5億円の「ドリームジャンボ宝くじ」が、いよいよ5月6日から発売される(6月3日まで)。見事、幸運を手にして億万長者になるのは、どのような人なのか。今回は、過去に「ドリームジャンボ宝くじ」に当せんした人のエピソードを紹介しよう。

 山梨県の団体職員のSさん(当時60才)は、毎回、お決まりの4つの売り場から60枚ずつ、合計240枚の「ドリームジャンボ宝くじ」を買っていたという。1995年の「ドリームジャンボ宝くじ」を買う時、なぜかある1か所の売り場の販売員さんと息が合い、気持ちよく購入できたという。

 その時、それまでの購入経験のなかで初めて「ありがとう」と言って、宝くじ券を受け取ったという。すると抽せんの結果、その売り場で買った60枚のなかから、1等6000万円と前後賞各3500万円(いずれも当時)の合計1億3000万円に当せんしたという。

 ジャンボ宝くじで高額当せんするエピソードは様々あるが、「ありがとう」の感謝の気持ちを示すことは誰にでもできるはず。今回、「ドリームジャンボ宝くじ」を購入する際に、過去の高額当せん者にあやかってみるのも、ひとつの選択肢かもしれない?

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。