マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

任天堂失速、ソニー過去最高益 「ゲーム単体」と「エンタメ全体」の差が如実に

2022年6月6日 6:00 週刊ポスト

『あつまれどうぶつの森』の大ヒットで絶好調に見えたが…(写真/AFP=時事)
『あつまれどうぶつの森』の大ヒットで絶好調に見えたが…(写真/AFP=時事)

 各社の2022年3月期決算が出揃ったが、企業によって業績に明暗が分かれている。主力商品のひとつとしてゲームを手掛ける業界の場合はどうか。

 コロナ禍で『あつまれどうぶつの森』が大ヒットし、絶好調だった任天堂が、2022年3月期決算では失速が明らかになった。売上高は1兆6953億円で前期比3.6%減、営業利益は5928億円で7.5%減。「ニンテンドースイッチ」の出荷台数も、577万台減の2306万台である。

 任天堂を尻目に大きく伸びたのが、いまや同じゲームを中心事業に据えたソニーだ。売上高が前期比10.3%増の9兆9215億円、営業利益が25.9%増の1兆2023億円で、ともに過去最高を記録。営業利益1兆円超えは初めてで、日本の製造業ではトヨタに次いで2社目である。

 くっきり明暗が分かれた理由について、東海東京調査センターのシニアアナリスト、栗原智也氏はこう語る。

「任天堂が減収減益となった主な理由は、半導体不足によるハードウェアの販売落ち込みと、コストの上昇です。販売台数が20%下がっていますが、売れなかったというより、半導体不足で売るものがなかっただけで、需要が落ちたわけではない。ソフトは『あつ森』の反動減がありましたが、ほぼ横ばいか、微増という水準を保っています」

 半導体不足という外的要因が大きく、任天堂の成長に影が差しているわけではないという。

 一方のソニーはどうか。

「ゲーム関連だけで比較すれば、任天堂と同じく半導体不足で、2021年度の『プレステ5』の販売台数は目標の1480万台に届かず、1150万台に留まった。プレステ5の場合、キラーコンテンツになるソフトがまだ少ないのが気になるところです」(同前)

 ソニーの好業績は映画と音楽の事業が牽引した格好で、ゲーム事業の売上高は3%増と、貢献度はそれほど大きくない。

「ゲームソフトでは任天堂の優位は揺らいでおらず、決して『暗』ではない。ソニーはゲーム単体ではなく、音楽、映画といった分野も組み合わせたエンタメ事業全体の成長を目指している。一つのコンテンツをマルチ展開して活用していく態勢を戦略的に整えているのが強みと言えます」(同前)

※週刊ポスト2022年6月10・17日号

『プレステ5』は2022年度には1800万台を販売予定としている(写真/AFP=時事)
『プレステ5』は2022年度には1800万台を販売予定としている(写真/AFP=時事)
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。