マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

トヨタの次期社長候補、現社長・章男氏を叱り飛ばした元上司

2019年4月26日 7:00

トヨタ自動車の豊田章男社長(EPA/時事)

 トヨタ自動車の名誉会長、豊田章一郎氏が日経新聞の名物コラム「私の履歴書」の連載を始めたのは平成26年(2014年)4月1日からだった。

 29回にわたった連載の中、ハイブリッド車「プリウス」を成功させ、いわば“世界のトヨタ”に仕立て上げた最大の功労者、奥田碩元社長(当時、相談役)の名前がほとんど登場しなかった。当時、豊田家の直系にして、章一郎氏の長男、章男氏が社長となって5年。ようやく“章男カラー”のトヨタが動き出そうとしている時でもあった。

 章一郎氏の連載はいうなれば、豊田家による「トヨタ史」の作成に他ならない。それは、豊田家による、世界最大の自動車メーカー「トヨタ」の継承を正当化するものでもあった。

 そして、章男氏の社長在任も10年を迎え、その後継問題が業界のみならず財界で取り沙汰され始めた。

 その意味で昨年11月、幹部人事を刷新し、常務役員などのポストを廃止、40代でも要職につけるとするトヨタの発表は衝撃的だった。この人事は章男氏が寵愛し、「次の次」への継承を想定していると言われる長男、大輔氏をいち早く昇進させるのが狙いだ、とする見方が大勢だった。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピの成功者2人が語る「長期運用の秘訣」とは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。