マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

トランプ大統領が誕生で金融市場はどうなるか?

2016年11月8日 16:00

大統領選の構図は“金融至上主義における勝者”対“多数の敗者”

大統領選の構図は“金融至上主義における勝者”対“多数の敗者”

 多くの市場関係者は「トランプリスク」を経済面からとらえているが、もう少し根が深いのではなかろうか?

 ヒラリー・クリントン候補が金融機関から日常的に多額の講演料を得ていたことが報道されているが、彼女は現在の国際金融システムにおける強力な支援者である。

 世界経済はグローバルに展開する欧米系金融機関が中核にあって、彼らが世界中から資金を吸い上げ、それを再分配することで世界が発展する仕組みとなっている。それは、いわば金融至上主義経済と称することができよう。

 彼らは単に、株式売買の仲介や、自分たちの資産運用だけを行っているわけではない。IPO(新規上場)支援、企業金融、資産金融、M&A、財務顧問など、いろいろな形のファイナンス業務を通じ、新規産業、成長産業を発掘・育成し、金融を通して世界を発展・繁栄に導くといった重要な働きをしている。

 しかし、彼らはあくまで収益を最大化させることを目的とする営利企業である。巨額の資金があれば大よそ何でもできる。政治にも、マスコミにも、影響力を行使できる。軍事産業とも良好な関係を築くことができる。言うまでもないが、自らが巨額の報酬を得ることもできる。

“経済がうまく回っていれば問題ない。アメリカ経済は好調ではないか”といった反論もあろうが、問題は成長ではなくその歪んだ分配にある。

  • 働く世代にうってつけのFX? 取引はすべてお任せの「フルオート」を解説
  • 米ドル金利上昇でブーム再来か 金利収入が毎日入る「FXスワップ投資」を解説
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。