ライフ

メダルのないパチスロ機「スマスロ」登場で“万枚報告”も多数 「お金を使っている感覚がない」の声も

スマスロ導入でパチスロ業界はどう変化していくのか(イメージ)

スマスロ導入でパチスロ業界はどう変化していくのか(イメージ)

 果たして、スマートパチスロ(以下、スマスロ)は本当に、パチスロ業界の救世主となるのか──。射幸性の高さが指摘されてきたパチスロ5号機が2022年2月いっぱいでホールから姿を消し、出玉性能が抑えられた6号機の時代に突入。ユーザー離れが深刻化する中、メダルを使わないパチスロ機であるスマスロが11月21日から全国のホールに導入された。

 まず導入されたのは、『Lバキ 強くなりたくば喰らえ!!!』(オリンピア)、『パチスロ 革命機ヴァルヴレイヴ』(SANKYO)、『スマスロリノヘブン』(山佐)の3機種だ。パチスロ事情に詳しいジャーナリストの藤井夏樹氏はこう話す。

「ホールがスマスロを導入するには、専用のユニット(メダル貸出機に代わる設備)を設置する必要があります。ユニットへの設備投資も必要ですし、そもそもユニットの製造が足りているとは言い難く、確保するのも簡単ではない状況がある。結果的にスマスロも、まだまだ全国のあらゆるホールに導入されているというわけではありません。ちなみに、発売初週の販売台数は『バキ』、『ヴァルヴレイヴ』はぞれぞれ1万台程度、『リノヘブン』が5000台程度と言われています」

 スマスロの大きな特徴は、6号機よりも出玉性能が高くなっていること。スマスロでは、アシストタイム(AT)などの出玉が増える機能に関する抽選を行う「有利区間」と呼ばれる状態の上限ゲーム数が撤廃された。

「有利区間の上限に到達すると、ATなどに入っていても強制的に終了するため、有利区間が長いほうが、ユーザーにとってはありがたい。6号機の初期では有利区間の上限は1500ゲームで、6.5号機では4000ゲームとなっていましたが、スマスロでは上限が撤廃。有利区間の上限がないことで、実質的にユーザーが有利区間を意識する必要がなくなり、ゲーム性の幅も広がりました」(藤井氏・以下同)

 6号機以降の機種には、1回の有利区間内での最大獲得出玉数が限定されている。6号機から6.4号機までの上限枚数は“獲得枚数”で2400枚、6.5号機では“差枚数”で2400枚。“獲得枚数”の場合、どれだけ負けている状態からでも一撃で2400枚増えたら終了だが、“差枚数”の場合は2400枚プラスになったら終了となる。つまり、1000枚マイナスの状態から出玉が増え始めたら、一撃で3400枚まで獲得できるということだ。

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。