マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

パチスロ「6.5号機」「スマスロ」で出玉性能アップしても物足りない? 射幸性が高すぎた「4号機」の功罪

2022年10月17日 16:00 マネーポストWEB

パチスロ業界が再び盛り上がりを見せる日は来るのか?(イメージ)
パチスロ業界が再び盛り上がりを見せる日は来るのか?(イメージ)

 再びパチスロ業界は盛り上がりを見せるのか? パチスロの出玉規制によってユーザーが減少しているなか、今年6月以降「6.5号機」と呼ばれる、規制が緩和された機種が登場。ユーザーたちからは大きな期待が寄せられている。

 現在、ホールに導入されているパチスロは、大きな括りでいうと“6号機”と呼ばれる機種だ。2018年に登場した初期の6号機は、“一撃出玉最高2400枚”、“有利区間1500ゲーム”というルールがあった。

“一撃出玉最高2400枚”とは、出玉が増え始めてから数えて2400枚を超えた時点で、AT(アシストタイム)などの出玉が増える機能が強制終了するというもの。そして“有利区間”とは、ATなどを抽選する区間、もしくはATなどの出玉が増えている区間のことだ。有利区間の上限に到達すると、そこでATなどの出玉が増える機能は強制的に終了する。

 6.5号機では、これらの規制が緩和している。6.5号機では有利区間の最大ゲーム数が4000ゲームに延長。“2400枚規制”については、同一有利区間内で差玉がプラス2400枚になったら終了という計算方法に変わった。つまり、有利区間内で1000枚分負けている時点でボーナスやATといった出玉が増える機能に突入したら、マイナス1000枚から数えてプラス2400枚なるまでが上限となるので、一撃で3400枚獲得する可能性があるのだ。パチスロに詳しいジャーナリストの藤井夏樹氏はこう話す。

「6号機のときは、2400枚の出玉を獲得するのも至難の業で、一撃出玉数の規制がなかった5号機時代に比べると、まったく勝てなくなっていました。しかし、6.5号機では一撃3000枚クラスの出玉も現実的で、1万枚を超える出玉を得ることも夢ではなくなっています。5号機時代と同様の出玉性能とまでは言わないにしても、6.5号機は6号機とは比べ物にならない出玉性能になっています。

 さらに11月には物理的なメダルを使用しない“スマートパチスロ”(スマスロ)も登場する予定です。スマスロでは、“差玉で2400枚まで”という枚数制限はあるものの、有利区間のゲーム数に制限がありません。これによって、6.5号機よりも多彩なスペックが可能になりそうです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。