マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

市販薬1.2万円超で控除対象に セルフメディケーション税制がスタートへ

2016年12月4日 11:00

2017年1月からスタートする「セルフメディケーション税制」とは
2017年1月からスタートする「セルフメディケーション税制」とは

 病気の人は「医療費控除」や「高額療養費制度」といった金銭的な恩恵を受けられるが、日頃のセルフケアで健康をキープしている人にも「特典」があればいいのに──、という人に朗報だ。2017年に、医療機関にあまりかからなかった人でも税制優遇が受けられる「セルフメディケーション税制」がスタートする。

 セルフメディケーション税制は従来からある医療費控除の特例として新たに創設された制度だ。薬局やドラッグストアで対象となる市販薬を購入した金額が年1万2000円を超えたら、超えた部分の金額が所得から控除され税金が軽減される仕組みだ。

 従来からある医療費控除でも市販薬にかかった費用を含めることはできるが、そもそも控除されるのは医療費の合計額から10万円を差し引いた額なので、10万円以下では使えない。しかも10万円を少し超えた程度では軽減される額が数百円ということもあり、現実的にはある程度の額に達していないと確定申告の手間をかける気にはなれないだろう。

 これに対し、新たに導入される新制度では、市販薬にかかった分のみとはいえ1万2000円を超えた分が対象になるので、ハードルはグンと下がることになる。

 たとえば、対象となる市販薬を年間3万円分購入した場合、従来の医療費控除では対象外だが、この制度を利用すれば1万2000円を差し引いた1万8000円分が控除される。所得税率が20%の人なら、確定申告することで所得税が2400円、住民税が1200円軽減されることになる。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。