マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

為替市場 アルゴリズム取引の増加で短時間で激しい値動きに

2016年12月31日 7:00

 為替市場ではコンピューターによる自動売買の取引の比率が高まり、短時間で大きく値が動く傾向が強まっている。そうした状況に個人トレーダーはどう対応すればよいのか、為替のスペシャリストで酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表の酒匂隆雄氏が解説する。

為替ディーリングの現場で大きな変化も

為替ディーリングの現場で大きな変化も

 * * *
 最近、為替ディーリングの現場で顕著な変化が表われている。それは、「アルゴリズム取引」あるいは「プログラム売買」といわれる、コンピューターシステムが為替レートや出来高などに応じて自動的にトレードを繰り返す取引が増えていることだ。

 簡単に言ってしまうと、人に代わってコンピューターがディーリングを行なうケースが多くなっているのである。

 取引の中身は、値動きのトレンドに沿った「順張り」がほとんどであるため、短時間の値動きが激しくなりやすい。

 それほど大きな材料になるとも思えないニュースなどで、1日のうちに1円以上動くといったケースが散見されるが、その背景にはアルゴリズム取引の影響があると考えられる。

 そうした環境での実際のトレードにあたっては、基本ではあるが、つねにストップロス(損切りオーダー)を置いておくことを心がけてほしい。

「FX」関連記事

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
[2019年最新]メキシコペソ円のスワップポイント比較

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FX知識ゼロのOLが他人の取引をコピーしてFXを始めるまで
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。