投資

為替市場 アルゴリズム取引の増加で短時間で激しい値動きに

 為替市場ではコンピューターによる自動売買の取引の比率が高まり、短時間で大きく値が動く傾向が強まっている。そうした状況に個人トレーダーはどう対応すればよいのか、為替のスペシャリストで酒匂・エフエックス・アドバイザリー代表の酒匂隆雄氏が解説する。

為替ディーリングの現場で大きな変化も

為替ディーリングの現場で大きな変化も

 * * *
 最近、為替ディーリングの現場で顕著な変化が表われている。それは、「アルゴリズム取引」あるいは「プログラム売買」といわれる、コンピューターシステムが為替レートや出来高などに応じて自動的にトレードを繰り返す取引が増えていることだ。

 簡単に言ってしまうと、人に代わってコンピューターがディーリングを行なうケースが多くなっているのである。

 取引の中身は、値動きのトレンドに沿った「順張り」がほとんどであるため、短時間の値動きが激しくなりやすい。

 それほど大きな材料になるとも思えないニュースなどで、1日のうちに1円以上動くといったケースが散見されるが、その背景にはアルゴリズム取引の影響があると考えられる。

 そうした環境での実際のトレードにあたっては、基本ではあるが、つねにストップロス(損切りオーダー)を置いておくことを心がけてほしい。

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。