マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

ドル安円高が見込まれる2017年 割安に金投資できる好機

2016年12月26日 7:00

 1トロイオンス(31.1グラム)=1300ドルを超える勢いをみせていた金相場もトランプ氏の当選以来、下落基調にある。こうした状況の中、日本人はどのような投資戦略を持つべきか、金の動向に詳しい豊島逸夫氏が解説する。

日本の投資家にとっては金投資の好機
日本の投資家にとっては金投資の好機

 * * *
 金はそもそも生産量が限られるなか、不安要因の事欠かない世界情勢もあって、長期的な上昇シナリオは十分考えられる。

 だからこそ私は「ドル建て金価格は2020年までに1700ドルに達する」という長期見通しをかねてから立てており、現在は2016年から始まった長期上昇トレンドの最中にあると位置付けている。

 ましてや2017年は「ドル安円高」トレンドが見込まれる。円高と聞くと、デメリットばかりに思えるかもしれない。とりわけ円建て金価格で取引する日本人にとっては、ドル建て金価格が上昇しても円高で相殺されるため、短期売買ではうまみがないだろう。

 しかし、先まで見通せば、2017年はドル建て金価格が上昇しても円建て金価格は円高でさほど上がらないので、むしろ金を割安で買える好機といえるのだ。

 加えていうと、2017年は円高トレンドだとしても、それは短期的な見方にすぎない。少子高齢化をはじめ日本が抱える諸問題を考えると、今後は円売り要因ばかりが目立ち、長期的には円安傾向にならざるを得ない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方なども紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。