マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

ドル安円高が見込まれる2017年 割安に金投資できる好機

2016年12月26日 7:00

 そうなると、仮に今後ドル建て金価格が2000ドルに達し、控えめに見ても1ドル=120円となった場合、国内金価格は1グラム当たり7000円を突破してもおかしくないのである。

 もっとも金は市場で取引される以上、価格変動リスクは常に付きまとう。トランプ大統領誕生のように「まさか」の事態はいつ起こることも限らない。

 だからこそ、こと金投資においては少しずつ「純金積立」で買いためておいて、長期保有することが鉄則といえる。一見地味に映るかもしれないが、「純金積立」にはまとまった資金で買い増すことができる「スポット購入」という方法もある。

 金価格が下落した際、試しに買い増してみるくらいのスタンスで臨むことができれば、将来の大きな果実につながるに違いない。

※マネーポスト2017年新春号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。