投資

リート型に替わりリスクコントロール型ファンドに資金流入

 投資信託市場では海外リート(不動産投資信託)を投資対象とするファンドへの資金流入が減少する一方堅調に資金が積み上がってファンドがある。投信市場の最新動向を楽天証券経済研究所ファンドアナリストの篠田尚子氏が解説する。

投資信託の資金動向に変化も

投資信託の資金動向に変化も

 * * *
 国内投資信託市場への資金流入が続いている。

 マーケットへの流入額から流出額を差し引いた純流入額をみると、2016年10月は243億円となり、これで14年12月から数えて23か月間、ほぼ2年間にわたって純流入額のプラスが続いていることになる。

 ただし、純資産残高は、10月までの日米の株式市場の株価が伸び悩んでいることが影響し、60兆円を前にして足踏み状態となっている。

 資金の流入先には変化が生じている。これまで純資産残高の上位を占め、毎月高水準の資金流入が続いていた海外リート(不動産投資信託)に投資するファンドへの流入が減少してきているのだ。

 海外リートに投資するファンドは、分配金が毎月支払われる毎月分配型がほとんどで、その分配金の引き下げが相次いでいることが大きな要因。2016年に入って以降、すでに20本程度で分配金の引き下げが行なわれている。

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。