マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

TV壊した…家財保険で日常の破損・汚損の補償されることも

2017年1月21日 16:00

火災保険は日常の破損や汚損にも適用(写真/アフロ)
火災保険は日常の破損や汚損にも適用(写真/アフロ)

「模様替え中にうっかりテレビを壊した」なんて、突発的な事故による家電の故障や家具の破損の時、頼りになるのがメーカー保証。でも期限が切れていたら…。

 そんな時の頼みの綱が“家財保険”なんですって。それってどういうこと? 家財保険って火事で家財が燃えちゃった時に補償される保険…じゃないの? そこで、家財保険に詳しい、ファイナンシャルプランナーの平野敦之さん(以下「」内同)にお話を伺いました!

「家財保険は火災保険で、家具や家電など、生活に関する動産(動かせるもの)の被害を補償してくれます」

 でも、火事なんて滅多に起こるもんじゃないし、火災保険は建物にかければ充分。高価な家財もないし、そこまでかける必要ないんじゃない?って思ってたけど、そうじゃないみたい。

「あまり知られていないのですが、家財保険は、日常の“破損・汚損”の補償もされていることがあります。例えば、家電を落として壊した、子供が窓ガラスを割ってしまった場合などです。保険の補償額は“再調達価額”といって、同等品を買い直した場合の費用が対象となります」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。