マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

戸松信博の明日の爆騰株を探せ!

セブン&アイ・ホールディングス(3382):不採算事業の構造改革で利益成長の見通しは明るい

2017年1月23日 19:00

セブン&アイ・ホールディングス(3382)市場平均予想(単位:百万円)

tomatsu170123

企業概要

 同社グループは、コンビニを中心に、総合スーパー、百貨店、金融事業、専門店、フードサービスなど様々な事業を展開する流通コングロマリット。グループ企業147社に及ぶ国内流通最大手企業です。海外も含めた同社グループの全体売上は、10兆7030億円に達します。

注目ポイント

 2017年2月期第1-3四半期の業績は業績が振るわないイトーヨーカ堂やそごう・西武百貨店事業における減損損失の計上によって大幅減益、第二四半期決算発表時には業績の下方修正が発表されましたが、これらスーパーストア事業・百貨店事業、そして通販事業ではリストラを含めた構造改革が進められており、来期にはこの効果が発現してくると見ています。18/2期には増益となる見通しです。

 同社の利益成長を牽引しているのはコンビニエンスストア事業。グループ全体利益の8割を稼ぎ出します。セブンイレブンの既存店売上は16/12月時点で53ヶ月連続で伸びており、好調な足取りが続いています。こうした好調な業績の背景には徹底した商品管理があります。単品管理による売れ筋商品の仮説・検証を繰り返して実現しているのは、「欠品のない店づくり」による客数増と突出した日販売上高、価格競争力だけではなく品質でも勝負できるPB商品の開発です。

 PB商品では業界にイノベーションを起こしたとも言えるドリップコーヒーやコンビニドーナツなどのヒットもあって売上の2割を構成するまでになっています。粗利益の良いカテゴリーなので今後もPBの拡大によって利益率は上がっていくと思います。スーパーストア事業などの事業改革が完了すれば、コンビニ事業を軸とした安定的な成長が期待できると思います。また売上成長に伴う利益拡大によって目途とする40%の配当性向実現によって増配が見込まれます。

※最新の推奨銘柄、相場見通しを知りたい方は是非、日本株通信にご登録下さい
日本株通信

戸松信博 プロフィール

「FX運用ガイド」の注目記事

衆院選後の円安を狙うならリスク抑えめのFX「シストレ」は?
円安は好機? FX初心者のライターE氏がシストレで9月は20万円の儲け
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 不況を断ち切るマーケティング思考とは?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。