マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投信

プロの運用視点 ROE5%以下でキャッシュリッチな企業に注目

2015年4月6日 11:55

日本株の高騰が続いているが、プロのファンドマネージャーはどんな視点で運用しているのか。これまで国内小型株中心の運用で高いパフォーマンスを出し続けているレオス・キャピタルワークスの最高投資責任者・藤野英人氏が解説する。

* * *
私が運用責任者を務める「ひふみ投信」では、これまで小型株中心の投資戦略をとってきた。大型株が伸び悩むなか、われわれのように小型株中心で運用するファンドが勝ちやすい相場が続いてきたため、当然の判断だった。

しかし、大型株にも効率経営が求められる趨勢となっている以上、それを無視するわけにはいかない。ひふみ投信の組み入れ銘柄も、結果的に大型株のウェイトが高まることになるだろう。

では、大型株の中では、どのような銘柄に目を向ければよいのか。答えはシンプルだ。従来の小型株同様、経営者の資質を見極めればいい。

とはいえ、個人投資家が腕力や先見性、リーダーシップといった経営者の資質を見抜くのはなかなか難しい。そこで、社長交代のニュースに常に目配りし、新社長がどういう人物と報じられているかくらいはチェックしておきたいところだ。あるいは企業のホームページで顔写真を掲載するなど、「会社の顔」としてわかりやすいかどうかも判断材料になるだろう。

加えていえば、ROE(株主資本利益率)という指標が重視されてくるので、「経営の効率性」に関してどのような戦略を持っているかが重要となってくる。

裏を返せば、これまで効率的な経営ができてこなかった企業は狙い目といえるかもしれない。たとえば「ROEが5%以下」で「現預金を持っているキャッシュリッチな企業」で株価が冴えない銘柄はターゲットになり得るだろう。

そのような企業に対しては、おそらくこの春以降、機関投資家を中心に市場から効率経営を催促される場面が増えてくる。そうした際に、経営方針を変革する意思を見せるような企業は、その後の株価上昇期待も高まってくるに違いない。

※マネーポスト2015年春号

  • Amazonギフト券3万円分があたる? 「マネーポストWEB」twitterキャンペーン実施中!
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。