マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

電気代節約 冷蔵庫、照明、テレビ、エアコンの買い替え優先

2017年3月17日 7:00

家電の買い換えが電気代節約に

家電の買い換えが電気代節約に

 身近にできる節約といってすぐに思いつくのが電気代の削減。しかし、電気代は単価が安く、小マメに電気を消したり、プラグを抜いたりするのは、苦労の割に効果が少ないという。

 そこで、より効果的な節約法といえるのが、電気代を元からカットできるのがアンペアダウン。北海道、東北、東京、中部、北陸、九州の6電力では、アンペア数によって基本料金が異なる料金プランを設定している。たとえば、東京電力の一般的な契約は「従量電灯B」で、原則的に10アンペアごとに、基本料金も280.8円ずつ変わる。

 現在、50アンペアなら1段階下げて40アンペアにするだけで、年間3369.6円の節約に。アンペア数を落とすと、一度に使える電力量が減るので、時間差で電気製品を使ったり、省エネ家電に交換するなどの工夫が必要になる。結果的に電気の総使用量も下がる可能性があるので、さらにお得だ。

 一般家庭で使われる電力量の約4割は、冷蔵庫、照明器具、テレビ、エアコンとなっている。ファイナンシャル・プランナーの藤川太さんはこう話す。

「買い替えるなら、この4つの家電を省エネ性能の高いものに交換すると節約できます」

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。