マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「午後から有休を」の申請を却下した会社に問題はない?

2017年4月1日 7:00

「午後から有給」に潜む問題点とは?

「午後から有給」に潜む問題点とは?

 有給休暇に疑問があります。というのも先日、二日酔いで気分が悪かったので、午後から有休を取って休みたいと上司に伝えたところ、その理由では認められないといわれました。有休は労働者の当然の権利であり、特別な理由がなくても休めると思います。上司の判断はおかしいのではないでしょうか。

【回答】
 有給休暇の使途目的に、制限はないという点では間違っていませんが、有休取得は何でも自由というわけではありません。半日の有休取得については問題があるのです。

 年次有給休暇は、労働者が健康で文化的な生活を営むために、日ごろの疲れを癒し、休息を取るとともに、娯楽及び能力の開発のための機会を確保する制度です。二日酔いの回復は、この制度目的からは少し外れますが、労働者が有給休暇を申請したときに、使用者が時季変更権を行使しない限り、当該労働者の就労義務は当然免除されると解されています。

 そして、使用者が時季変更権を行使できるのは、請求された時季に有給休暇を与えることが事業の正常な運営を妨げる場合においてのみです。それ以外は時季変更権を行使できません。なので使用者は休暇の使い途によって、時季変更権を行使することは許されません。

 年次有給休暇の取得は労働者の自由であり、要するに会社は、有休の使途に干渉できないのです。労働者は年休取得の目的を説明する必要もなく、自由に休暇を取ることができます。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。