マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

「午後から有休を」の申請を却下した会社に問題はない?

2017年4月1日 7:00 週刊ポスト

 しかし、半日など全日ではない有給休暇の取得は、時間単位の年休取得を認める労使協定が締結されていなければ、使用者は有休を拒否できます。これは有給休暇が、労働者の休息のために与えられるものであり、半日では遅刻や早退の言い訳になりかねず、そのための有休になっては困るからです。

 ただし、職場の過半数の労働者で組織する労働組合か、あるいはその代表と会社が書面で協定すれば、5日以内で時間単位の有休が取れます。あなたの職場で、この労使協定が締結されていないと、半日有給休暇を拒否した上司は、結果的には労働者の有休の権利を侵害していないことになります。

【弁護士プロフィール】
竹下正己(たけした・まさみ):1946年、大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、弁護士登録。

※週刊ポスト2017年4月7日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。