マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

格安スマホへの乗り換え、低価格実現に潜む「7つの落とし穴」

2017年4月23日 11:30

格安スマホへの乗り換えに潜む注意点は?
格安スマホへの乗り換えに潜む注意点は?

 ここ数年、CMをはじめ家電量販店でも目にする機会が多くなった「格安スマホ」。低価格を売りに、大手キャリアからの乗り換えるユーザーが増加傾向といわれる。しかし、その一方で、「今までどおりのサービスが安く受けられると思っていたのに、実際はサービス内容が違っていた」といったトラブル事例も増えており、格安スマホのサービスへの理解が、まだ浸透しているとは言い難い。

 格安スマホは、キャリアから通信回線を借り受け、自社ブランドとして通信サービスを提供する企業「仮想移動体通信事業者(MVNO)」が展開するサービスの総称。端末固有の情報が記録された格安SIM単体、もしくはそれに対応するSIMフリーのスマホとセットで“格安スマホ”として販売されている。

 その名の通り価格面でメリットが大きく、それぞれの平均月額料金は、大手3キャリアは平均7876円、格安スマホは平均2957円(MMD研究所「2017年携帯電話の利用料金に関する調査」より)。半額以上も安くなることから、どのMVNOもその低価格さを売りにした“広告合戦”が行われている状況だ。

 そんなMVNOが提供する格安スマホだが、今年3月にMM総研が発表した調査によると、国内のMVNOの利用状況は、MVNOの認知率は83.8%と高かったものの、利用率は14.9%にとどまっているという。数字が示す通り、まだまだ普及したとは言い難い。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。