マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

上場企業の今期決算、純利益総額過去最高へ 電機、商社好調

2017年5月24日 15:00

上場企業の今期決算は純利益総額過去最高へ
上場企業の今期決算は純利益総額過去最高へ

 内閣府の発表によれば、好景気が戦後3番目の長さ(52か月)に達したのだという。ただ、個人がその恩恵にあずかれているのかといえば、実感は乏しい。この“景気回復”は本物なのか―そんな疑問も浮かぶなかで興味深い“新指標”が登場した。

《景気上昇確率 98.6%》

 その衝撃的な指標を丁寧に読み解くと、個人にまで波及する本物の好景気への道筋が浮かび上がってきた。

 5月12日、日本経済研究センターは《景気後退確率 1.4%》という指標を公表した。これは、景気の後退リスクをゼロから100%までの間の確率で表わす指標だ。

 そのベースとなるのは、内閣府が毎月、景気の先折れのリスクを示すために公表している、「生産」や「雇用」などについての11の先行指標だ。

 日本経済研究センターでは、それら先行指標の過去のデータから独自の計算式を導き出し、政府の景気判断よりも先にその変動の兆しを「確率」で示す方法を開発したのだ。同センターによれば、最新となる今年3月の「景気後退確率」が、わずか1.4%だった。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。