マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

上場企業の今期決算、純利益総額過去最高へ 電機、商社好調

2017年5月24日 15:00

 半導体製造装置の輸出で収益を伸ばしたのは東京エレクトロン。前期比47.9%増の1100億円の純利益を見込んでいる。

 V字回復を鮮明にしたのは総合商社だ。昨年3月期の決算では資源安が痛手となり三菱商事など5社が2年間で2兆円にも上る特別損失を計上したが、今年3月期は揃って黒字を出した。

「最大の要因は1バレル=25ドル割れも危惧された原油価格が50ドル目前まで回復したことです」(同前)

 資源安局面で負担となった海外の鉱山や炭鉱への投資が、資源高局面では権益から上がる利益となって返ってきている。

 資源価格の高騰の恩恵はこれにとどまらない。世界経済が循環し始めると、資源を運ぶタンカーや商品を運搬するコンテナ輸送が盛んになり、不定期線のチャーター料も上昇する。2017年3月期まで保有船の減損処理に収益を圧迫されてきた日本郵船や川崎汽船も、今期は黒字の見通しだ。

※週刊ポスト2017年6月2日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。