マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

遺族年金 年収850万円以上の人はもらえない

2017年6月6日 16:00

年収850万円未満でないと遺族年金はもらえない
年収850万円未満でないと遺族年金はもらえない

 昨年11月に「改正年金機能強化法」が成立した。年金の受給資格を得るために必要な保険料の納付期間が、25年から10年に短縮され、今年8月から施行される。年金には、老後に自分がもらう「老齢年金」だけでなく、自分の死後、遺された家族に支給される「遺族年金」もある。

 ただし、遺族年金の受給資格で大前提となるのが、故人によって生計を維持されていて、収入が850万円(所得金額で655万5000円)未満であることだ。850万円以上の所得があれば、充分に生計が維持できると判断されるため、どの遺族年金ももらえない。

 この場合、同居している子も受給できないが、生計が別と判断されれば、受給資格を得ることが可能だ。

 また、亡くなった時には850万円以上の収入があっても、5年以内に定年などで、収入が850万円未満になることがわかっている場合は、“850万円を将来にわたって得られない”という要件に該当するため、受給資格が得られる可能性がある。通常は、死亡した年の前年の収入で判断するので、客観的に収入源となる証明が必要となる。詳しくは、年金事務所で相談しよう。

※女性セブン2017年6月15日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。