マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

為替市場は良くも悪くも「トランプ」に飽きている印象

2017年6月14日 17:00

 カリスマFXトレーダー・羊飼い氏が、外為市場の旬な話題をウォッチする連載「FXトレンドフォーキャスト」。今後の為替相場はどう動き、どういった投資戦略を立てればよいのか、羊飼い氏が解説する。

FXトレーダー・羊飼い氏

カリスマFXトレーダー・羊飼い氏が解説

 * * *
 2017年相場もいよいよ後半を迎える。年初には「米ドル/円は年内に120円も」といったアナリスト予想も多く聞かれたものだが、現実には年初からの米ドル/円は下落基調で、トランプ大統領の政策に対する失望感などから一時は108円台まで売り込まれる局面もあった。

 とはいえ、ここから深刻な下落トレンドに発展するかといわれれば、そこまでではないという印象だ。「トランプ相場」の原動力となった減税やインフラ投資などの政策は何一つ実現しておらず、下落圧力の強い相場ならそのまま暴落してもおかしくなかった。しかし実際はそれほど大きな下げにはなっておらず、むしろ市場の底堅さを物語っている。

 大統領選直後の金融市場は、新大統領の一挙手一投足に振り回されてきた感があるが、こうした傾向にも変化がみられる。2月ごろからトランプ大統領の発言やツイートに対するマーケットの反応が鈍くなってきているのだ。市場は良くも悪くも「トランプ」という材料に飽きてきている印象がある。

 その一方で、再びクローズアップされてきたのが、米FRB(連邦準備制度理事会)の利上げだ。一時は政治イベントに押される形でマーケットの関心が薄れていた金融政策に、再び注目が集まっているように感じる。

 教科書的にいえば、利上げは景気の引き締めであり、市場に流通するお金を少なくするための政策だ。アメリカの金利が上がれば米ドルの流通が減るうえ、金利の低い通貨よりも米ドル資産で持っている方が有利となるので米ドルは買われ、ドル高要因となる。

 また、わざわざ株でリスクを取らなくても、債券など低リスク資産で利回りを得られるので、株は売られやすい。ただし、利上げの初期段階では景気の強さが株価の下落圧力を上回るので、株価は上昇するといわれている。

「FX」関連記事

金利7.75%のメキシコペソと他の高スワップ通貨の魅力を比較
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。