マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

中川淳一郎のビールと仕事がある幸せ

年収860万円から60万円へ転落、私はどうやって生き残ったか

2017年6月10日 16:00

支出を減らすため、家賃も抑えた
支出を減らすため、家賃も抑えた

 27歳の年でサラリーマンとして年収860万円をもらっていたが、翌年会社を辞めて年収60万円に──。1年後の年収が前年の6.98%になった経験を持つネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、年収が激減した場合でも焦らぬための生活スタイルを語る。

 * * *
 2000年、27歳にして860万円といえば、20代のサラリーマンであればなかなか良い収入だったと思います。しかし、私は転職をするでもなく突然会社を辞めました。アテがあったわけでもないのですが、辞めたかったので辞めたのです。結果的に翌年の年収は60万円で、いかに自分の実力・能力ではなく、会社の看板及び先輩方の信用が多額のお金を自分にくれていたのか、と改めて会社に感謝です。

 あてもなく辞めるにはある程度の貯金が必要でしたが、貯金は550万円ありました。だったらまぁ、なんとかなるか。節約すればしばらくは食いつなげるか、と考え、それほど迷うことなく無職となり、後に貧乏フリーライターになるのでした。こうした判断をする時は、二つの選択肢が与えられます。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。