マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

野菜卸売りのデリカフーズ 政府の農業成長戦略で成長追い風

2015年3月12日 11:49

外食業界の異物混入問題などを受け、食の安全意識が高まっている。そうした中で、株式市場でも関連銘柄が注目を集めている。フィスコ・リサーチレポーターの三井智映子氏は「デリカフーズ」(東証1部・3392)に株価上昇期待が高まっているという。三井氏が解説する。

* * *
外食・中食産業向けに野菜の卸売りを展開するデリカフーズは、政府が推進する農業成長戦略の追い風や顧客の需要増で、さらなる成長段階に入ったと見ている。同社は生産農家と独自ネットワークを構築し、保存、カット、包装、配送を一手に手がけている。自社で検査施設を有し、販売している野菜のさまざまな科学的データを取得していることが強みだ。

2015年3月期の第3四半期決算を見ても、連結経常利益が前年同期比67.8%増の6億1000万円と好調。原材料価格の高騰はあるものの、新規顧客の獲得に加え、既存顧客の納入シェア拡大が寄与した。2015年3月期通期業績も、経常利益は前期比48.9%増の7億5000万円と大幅増益を見込んでいる。

健康志向の高まりに加えて、異物混入問題などで安全性を気にする消費者が増え、外食産業も国産の野菜にこだわるようになったことから、さらなる需要拡大が確実視される。また、今後スタート予定の食品の新たな機能性表示制度も、同社にはフォローの風となるだろう。

※マネーポスト2015年春号

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。