マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

格安航空LCC 東京から札幌や福岡の往復も1万円でお釣り

2017年6月26日 11:00

「空の旅」=「高い」はもう古い?

「空の旅」=「高い」はもう古い?

「空港まで遠い」「乗るまでの手続きが面倒くさい」「どこで切符を買うのか分からない」「そもそも飛行機に乗るのが怖い」──飛行機を嫌う理由は人それぞれだろうが、飛行機を使えば旅の選択肢は大幅に広がる。そうした中で、価格面で圧倒的に優位なのが“LCC”だ。

 LCCとは「Low-cost carrier」の略で、日本では「格安航空会社」と呼ばれている。LCCは座席を多くしたり、設備を簡素にしたり、飲み物を有料にしたり、空港滞在時間を短くしたり、使用する機種を統一したりと、ありとあらゆる面で徹底的なコストダウンを実現。価格を下げることで搭乗率をあげ、さらに閑散期と繁忙期で大胆に価格差をつけることで利益を確保している。

 あまり知られていないようだが、LCCの安さは驚嘆に値する(以下、価格はすべて6月22日時点)。例えば、LCCのひとつ「バニラエア」の7月の東京→札幌便を検索すると、最安値は4080円。また「ジェットスター」の7月の東京→福岡便の最安値は4790円だ。これを新幹線の値段と比較すれば、東京→三島が4000円、東京→宇都宮・高崎がいずれも4410円。新幹線で小一時間移動する金額で、北海道や九州まで行くことができる。

 週末に目を移しても、7月1日(土)の東京→福岡便は、7時10分発が1万290円、10時50分発が1万2290円。新幹線で名古屋や京都まで行くのとほぼ同じ金額と時間で、福岡まで足を伸ばせる。ちなみに格安と言っても、飛行時間は“非格安航空”と何ら変わらない。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。