マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

韓国、トルコも株価最高値更新、日本株だけが出遅れた3つの理由

2017年7月20日 17:00

日本株だけが出遅れている理由は?

日本株だけが出遅れている理由は?

 7月13日、韓国株式市場で、「総合株価指数」(KOSPI)が過去最高値を更新した。また、トルコでも「イスタンブール100種指数」が過去最高値を更新中。新興国だけでなく、世界の株式市場の時価総額の大半を占める米国市場でも同様。「NYダウ」も同じく過去最高値を更新している。

 このように世界各国で最高値更新が続く中、日経平均株価は過去最高値には程遠い状態にある。なぜ日本株だけが出遅れているのか? カリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんは、そこには3つの理由があるという。以下、池辺さんが解説する。

 * * *
 世界各国で株価指数の過去最高値更新が相次いでいます。最高値以上の価格で買いポジションを持っている人がいないため、低い価格帯の買いポジション決済と新規売りポジション以外に売り圧力が無く、まさに“青空天井”で世界各国の株価が上昇している状態です。

 ところが、日本に目を向けると、日経平均株価は上昇しているものの1989年につけた過去最高値3万8957円には程遠い株価水準にあります。残念ながら、世界中で日本だけが取り残されているような状況です。なぜこのような状況になっているのでしょうか。これまで45年以上にわたり相場を見てきた経験から、私は3つの理由が挙げられると考えています。

<株系注目記事>

FX・株に挑戦したい人必見! 初心者向き記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。