マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

材料株急落で「イナゴ投資家」が壊滅状態、投資家が生き残る方法は?

2017年8月15日 20:00

材料株急落で「イナゴ投資家」が壊滅状態に

材料株急落で「イナゴ投資家」が壊滅状態に

 まさに「夏草や兵どもが夢の跡」といえるかもしれない。ここにきて日経平均株価が若干下振れるなか、材料株を中心に取引する「イナゴ投資家」と呼ばれる個人投資家たちが壊滅状態に陥っているという。

「イナゴ投資家」とは、材料株に群がって短期で回転売買を繰り返す個人投資家の通称で、一気に集中し、あっという間に離散するその投資行動がイナゴの動きになぞらえられている。

 例えば、ゲーム関連の材料株として一気に注目が高まったアエリア(3758)は6月の2000円台から7月4日には3730円の高値をつけたが、その後、再び2100円台へと舞い戻ってしまった。同じくenish(3667)は7月20日には3760円とわずか1か月ほどで株価が2.5倍に膨らむ急騰を見せ、サイバーステップ(3810)も6月27日の高値7980円まで1か月足らずで3.2倍もの爆騰ぶりを見せたが、いずれもその後急落している。

 フィンテック(仮想通貨)関連の材料株でも、トレイダーズホールディングス(8704)はそれまでの150円台から7月10日には365円、インフォテリア(3853)も750円台から7月6日に1745円と2倍以上の爆騰を見せたが、いずれも株価は元の水準まで下がり、“宴”は終わった格好だ。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
30代FX投資家 「リスク」重視の運用で1000万円を突破

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。