マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

値動き少ない東証1部と好対照、いま「東証2部」が絶好調の理由

2017年8月22日 16:00

東証1部銘柄の値動きが膠着するなか、東証2部銘柄が絶好調

東証1部銘柄の値動きが膠着するなか、東証2部銘柄が絶好調

 日本を代表する225銘柄で構成される日経平均株価は2万円付近で膠着後、ここにきてやや弱含み、東証1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)も1600ポイント前後で膠着するなか、これまでどちらかと言うと地味な存在だった「東証2部」の株価の動きが注目を集めている。

 東証2部全体の値動きを示す「東証2部指数」は今年2月、リーマン・ショック前の2006年につけた最高値を約11年ぶりに更新。その後いったん調整しつつも、ほぼ右肩上がりの上昇を続け、7月には連日のように最高値を塗り替え、8月9日には6539.68ポイントの過去最高値を記録。それ以降も高値圏で推移している。

 日経平均やTOPIXがバブル期の1989年につけた史上最高値に遠く及ばない一方、東証2部は1969年の算出開始以来、最も高値圏となっており、かつてないほどの活況に沸いているのだ。

 東証2部といえば、経営危機に陥って台湾の鴻海精密工業傘下となったシャープに続き、8月1日には経営再建中の東芝が東証1部から降格したことでも話題となっている。カブ知恵代表・藤井英敏氏はこう語る。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
30代FX投資家 「リスク」重視の運用で1000万円を突破

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。