マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

旅慣れた男性が人生で一度だけ部屋交換を求めた「最悪の宿」

2017年9月25日 16:00

どうしても我慢できなかった部屋とは(写真はイメージ)
どうしても我慢できなかった部屋とは(写真はイメージ)

 旅行をする際に大切な「どこに泊まるか」という問題。後々思い返すと、観光地よりもホテルの方が印象に残るというのはよくあること。これまでフリーライターとして全国を飛び回ってきた金子則男氏が、「人生でただ一度、部屋の交換を求めた」という笑えない珍事件について語る。

 * * *
 これまでホテル、旅館、民宿などに、少なく見積もっても500泊以上は泊まっていますが、「部屋を変えて欲しい」とクレームを入れたことは一度しかありません。ホテルの真隣りがクラブで、ダンスミュージックのリズムが朝まで耳もとで鳴っていた時も、両開きのカーテンが片側しか付いていなかった時も部屋を変えてもらわなかった私が、人生で唯一、部屋を変えてもらったのは、埼玉県のあるビジネスホテルに泊まった時のことでした。

 そのホテルは、当時住んでいた都内の自宅からドア・トゥ・ドアでも1時間ほどの場所にありました。家に帰ろうと思えば帰ることもできたのですが、翌日も同じ場所に用があったため、ホテルを予約。夕方にホテルにチェックインをし、シャワーを浴びて夕食を食べに行き、部屋に戻って備え付けのテーブルに座ってテレビを見ていました。

 なぜそんなことをしたのか覚えていないのですが、座っていたソファーの隙間に手を入れると鋭い痛みが走り、あわてて手を振り払うと、すぐにその原因が分かりました。ソファーの隙間に注射針が入れられていたのです。手を確認すると、指にプッツリと穴が開いており、そこから血が出ています。誰が何のために使ったのか分からない注射針が刺さってしまったのでした。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。