マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

米で経営破綻のトイザらス 日本ではまだまだ支持率高い?

2017年10月2日 11:00 マネーポストWEB

日本でもファンが多いトイザらス(同社HPより)
日本でもファンが多いトイザらス(同社HPより)

 アメリカの大手おもちゃ販売チェーン「トイザらス」が、9月18日に連邦破産法11条の適用を申請、経営破綻となった。アメリカ国内で800店舗以上を展開するトイザらスだが、昨今はネット通販の台頭によって、売上が低下。負債総額はおよそ52億ドルにもおよぶという。

 その一方で、日本でも「トイザらス」とベビー用品専門店の「ベビーザらス」合わせて160店舗が展開されているが、こちらの影響はほとんどなく、通常通りに営業している。30代の女性Aさんは3歳の男の子のお母さん。定期的にトイザらスに通っているという。

「広い売り場に、たくさんのおもちゃが売っているというのは、子供にとっては夢の国です。何か目的のおもちゃがあって行くのではなく、ちょっとしたテーマパークのような感覚で、子供と一緒にトイザらスに行くことが多いです」

 とはいうものの、単純に価格だけを比べれば、トイザらスよりもアマゾンなどの通販サイトの方が安いことが多い。

「たとえば“今日は1000円以内のおもちゃを買いましょうね”という感じで、あらかじめ予算を決めておいて、子供にほしいおもちゃを選ばせることが多いです。子供もがどういうものに興味を示しているかもよく分かるし、その玩具が本当にほしいかどうかを考えさせることもできる。あと、おもちゃを手にとって触ることができるので、おもちゃを買ってから『これやっぱり要らない』ということにはなりづらいです」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。