マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

コンビニ、スーパー、衣料品など続々値下げ 消費者のねばり勝ち?

2017年10月10日 11:00

イオングループ他、続々と値下げの波が広がっている

イオングループ他、続々と値下げの波が広がっている

 季節はすっかり秋──だが、季節に関係なくいつも気になるのは家計のこと。外食産業や宅配、電気やガスなどが続々値上げを発表し頭を抱えるなか、朗報だ。春から続く小売業界の値下げの波が、この秋さらに“ビッグウェーブ”になっている。

 まずは、定価販売のイメージが強かったコンビニ。4月から5月にかけてセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートが日用品を中心に5%程度を値下げしたのは記憶に新しいが、今秋も続く。セブン&アイ・ホールディングス広報センターの伊藤真由美さんが値下げの理由を説明する。

「近くて24時間営業しているコンビニで、重たいものやかさばるものなどを買いたいというニーズが広がってきています。利便性に加えてお客様が納得できる価格を実現するため、一部の商品価格を見直しました」

 ローソンは大手メーカーのトイレ用洗剤や食器用洗剤など29品目を値下げした。こうした動きは拡大。この秋、大手スーパー各社から無印良品、家具大手のイケアまで値下げの波が広がっているのだ。

 イオングループのスーパーを展開するイオンリテールは、8月25日からイオン、ダイエー、マックスバリューなど全国の約2800店舗で、PBブランド「トップバリュ」商品を平均10%値引きしている。もともと大手メーカーより格安なPB商品が値下げの中心というから、その価格はさらにお買い得ということになる。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。