マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

10月のドル円相場を左右する「海外ファンドの決算」と「衆議院選挙」

2017年10月13日 20:00

海外ファンドの動向がドル円相場にどんな影響を与えるか(写真:アフロ)

海外ファンドの動向がドル円相場にどんな影響を与えるか(写真:アフロ)

 投資にまつわる情報やニュースは世の中に溢れている。あまりにも膨大な情報が日々流れるので、多くの個人トレーダーはどれが本当に重要な情報で、それが相場に対してどのように影響を与えるのか、ということを把握しきれていないようにも見受けられる。そこで今回は、FX(外国為替証拠金取引)のカリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんが、10月のドル円相場に影響を与える注目材料と見通しについて解説する。

 * * *
 インターネットやスマートフォンの普及に伴い、世の中に出回る情報量は爆発的に増えています。個人トレーダーであっても、簡単に情報が手に入る時代になりました。

 しかしその一方で、トレードをする上でどの情報、どの材料が本当に重要なのか、その判断が難しくなっているように思われます。そこで今回の記事では、10月の相場に影響を与え得ると私が考えている材料について解説いたします。

 早速ですが、私が10月に注目している材料の1つを紹介いたします。それは「海外ヘッジファンドの動き」です。

「海外ヘッジファンドの45日ルール」というものをご存じでしょうか?こちらは、“ヘッジファンドの顧客が解約を申し出る場合は決算日の45日前までに申し出なければいけない”というルールです。ヘッジファンドに資産を預けて運用を委託している顧客は、決算日の45日前を過ぎると解約できない、ということです。

「FX」関連記事

金利7.75%のメキシコペソと他の高スワップ通貨の魅力を比較
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。