マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

FXレバレッジ規制の動き 実際のトレーダーのレバレッジ倍率は?

2017年10月24日 20:00

FXトレーダーのレバレッジの現状について解説する外為どっとコム総研・神田卓也氏

FXトレーダーのレバレッジの現状について解説する外為どっとコム総研・神田卓也氏

 金融庁によるFX(外国為替証拠金取引)のレバレッジ規制の検討が、FX業界に大きな波紋を呼んでいる。レバレッジとは手元資金(証拠金)の何倍までの取引ができるかを示す倍率で、現行25倍が上限とされているが、早ければ2018年から最大10倍程度まで引き下げるという案が報じられている。

 規制が実施された場合、FX業界、ならびにトレーダーへの影響はどんなものが予想されるのか。外為どっとコム総合研究所・取締役調査部長で上席研究員の神田卓也氏は、こう分析する。

「まだ議論が始まったばかりで、実際にいつどうなるか、ということも決まっていませんが、規制が実施されれば日本のFX取引の売上高の減少は避けられないでしょう。FX業者にとって大きな痛手となるのはもちろんのこと、トレーダーにとっても国内業者を選ぶメリットは減ってしまいます。レバレッジ規制がなく、依然として高いレバレッジをかけて取引できる海外のFX業者に口座を開くトレーダーも出てくるのではないでしょうか」

 金融庁によるFXのレバレッジ規制はこれまで段階的に強化されており、2010年に上限50倍、2011年に25倍まで引き下げられ、現在に至っている。

 個別の材料が出れば1日に10%程度の値動きも珍しくない株式投資と比べて、為替レートの変動率は低い。だからこそトレーダーはレバレッジを活用するわけだが、それが規制されるとなれば、大きな利益を狙うのは難しくなる。また、為替相場が急変したときなどには、自身の持っているポジションに対する証拠金率が下がり、追加証拠金(追い証)を余儀なくされるケースも想定される。特に高いレバレッジをかけてトレードしている人にとっては、大きな影響が出て来ることだろう。

「FX」関連記事

金利7.75%のメキシコペソと他の高スワップ通貨の魅力を比較
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。