マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

中国のタクシーサービスが急成長している理由

2017年11月1日 16:00

規制が多いはずの中国でタクシーサービスが急成長している理由は?(写真:アフロ)

 日本経済新聞が10月30日付朝刊第1面で、「中国配車アプリ、日本進出」といった見出しで、中国企業によるタクシーサービスへの参入を報じている。タクシー配車と相乗りサービスで世界最大手の中国・滴滴出行(ディディチューシン)がタクシー国内最大手の第一交通産業と組み、2018年春にも東京都内で配車アプリを使ったサービスを始めるという。今回はタクシーサービスだが、そのほか、シェア自転車、電子決済などで、中国企業の日本参入が相次いでおり、中国企業の参入に危機感をにじませている日本企業も少なくない。

 1年の半分以上を中国で生活する筆者の生活感からすれば、一部のサービス業は日本よりも格段に進んでいる。タクシーサービスなどはその典型的な例の一つと言えるだろう。

 タクシーを呼びたいならば、まず、スマホで滴滴出行のアプリを立ち上げ、あらかじめ登録しておいたIDでログインする。次に、現在位置と行きたい場所を設定するだけで作業は終わり、タクシーは早ければ数分で到着する。支払いはテンセントの対話アプリである微信の支払い機能を使えば数秒で済む。タクシーだけでなく、7人乗りのバンや高級車に乗りたいならば、個人の自家用車を使用する(いわゆる白タク)サービスも受けられる。通勤用としては相乗りサービスもある。こうしたサービスの価格は、タクシーと比べてリーズナブルである。

FX・株に挑戦したい人必見! 初心者向き記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。