マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

中国のタクシーサービスが急成長している理由

2017年11月1日 16:00

 社会主義国中国では規制が多く、経済効率が悪いといったイメージがあるかもしれないが、規制が厳しいものもあれば、全くないに等しいものもある。個人の生活にかかるサービスなどは、後者のケースが多く、そのため、日本よりも進んだサービスも多い。

 中国のタクシーサービスは規制が緩く、参入者が多い。サービスの質は正直に言えば劣悪だが、価格に関して言えば、日本と比べ極端に安い。例えば北京であれば、3km以内ならば13元(221円、1元=17円で計算)、1km進むごとに1元(17円)、1回乗車ごとに1元(17円)の燃料付加税がかかるといった料金体系である。滴滴出行を使えば、ドライバーは顧客から厳しく評価を受けるため、安全運転を心がけるドライバーが多く、サービスの質は良いと感じる。

 滴滴出行の前身は2012年7月10日に設立されたベンチャー企業(北京小桔科技有限公司)である。設立から約3か月後に、iPhone向けにタクシー予約アプリを立ち上げると、その年の12月には、ベンチャーキャピタルであるGSR Ventures(欧米、シンガポール、香港などからの資金が多い。アーリーステージの中国ハイテク企業を中心に投資)から300万米ドルの資金を調達している。その後も、2013年4月にはテンセントから1500万ドルの資金を調達。2014年1月にはCITIC産業ファンドから6000万ドル、テンセントから3000万ドル、その他機関投資家から1000万ドル、合計で1億ドルの資金調達を行っている。

 金融機関からは資金に加え、財務戦略やM&A戦略などでの協力を得ながら、タクシーの予約アプリを出発点として、業容、事業規模を飛躍的に拡大させている。設立後わずか5年で、同社は、テンセント、アリババ、百度、ソフトバンクや、内外のベンチャーファンドが資金を供給し、経営を支える世界有数の企業となっている。その資金力はUberの中国ビジネスを買収するほどである。中国は、ベンチャー企業の育成システムにおいて、グローバル化、自由化の面で、タクシーサービス以上に日本の先を進んでいる。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。