マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

Amazonの成長はどこまで続く? 米IT「ビッグ5」の実力

2017年12月4日 19:00

成長続く米IT企業の将来性は?(写真:アフロ)

 日本株の上昇局面ばかりに目が行きがちだが、世界の時価総額の大半を占める米国株の勢いが止まらない。ニューヨークダウやナスダックは史上最高値を更新し続け、「米国経済に“死角”なし」という声まで聞こえてくる。

 その米国市場、ひいては世界的な株高を牽引するのは「ビッグ5」と呼ばれる、アップル、グーグル(持株会社・アルファベット)、マイクロソフト、アマゾン・ドット・コム、フェイスブックの米国IT企業5社。はたしてその勢いはどこまで続くのだろうか。

 今年に入ってからも、米IT「ビッグ5」の株価は揃って右肩上がりとなり、時価総額でも世界の1~5位を独占する躍進ぶりだ。日本の中小型株を主戦場としてきた「ひふみ投信」でも、今年6月からマイクロソフトやアマゾンといった米国株を組み入れ始めている。同ファンドの運用責任者である藤野英人氏(レオス・キャピタルワークス代表取締役社長・最高投資責任者)が、その強さについてこう分析する。

「まずパソコンを動かす基本ソフト(OS)でWindows帝国を築いたマイクロソフトは、『地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする』というミッションを掲げて、ソフトウェアの会社というよりは、『Microsoft Azure』をはじめクラウドへのシフトを進めています。

 そしてアマゾンは、ありとあらゆるものを扱うネット通販のみならず、リアル店舗の試験的な運営に加え、米スーパーマーケットチェーンのホールフーズを買収するなど、ネットとリアルの両方で成長を志向しています。

 さらに今後、可能性が高いと見ているのは、仮想通貨の分野への本格的な進出です。商品を販売するだけでなく、決済手段も手に入れることで、消費という行為全体を自社でまかなうことができる戦略に打って出ようとしているのではないでしょうか」

「FX運用ガイド」の注目記事

カードローンQ&A

お得に賢く! クレジットカード・ポイント活用術特集

ポイント還元率で比較する注目のクレジットカード4選

銀行をお得に活用するワザ

誰でも持てる審査不要のVisaデビット「ジャパンネット銀行」
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。