マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

高齢者は週15時間未満の労働がもっとも幸福度高い

2017年12月8日 11:00

政府は高齢者に“死ぬまで働いてもらう”政策を掲げる

 政府は『働き方改革実行計画』で〈年齢に関わりなく公正な職務評価により働き続けられる「エイジレス社会」の実現〉を掲げた。

 エイジレスといえば聞こえはいいが、政府は年金支給開始年齢のさらなる引き上げ(75歳選択支給)を検討しており、年金空白期間の生活をまかなうために高齢者に“死ぬまで働いてもらう”という政策だ。

 では、仕事と幸福度の関係はどうか。これに関する研究を行なっている東洋大学経済学部の久米功一・准教授が語る。

「男性は女性より働くことによる幸福度を感じやすく、しかもそれは年齢とともに高まります。60代前半よりも後半、さらに70代前半になっても、働くことの幸福度は高まっていきます。仕事が幸福度に与える影響は大きいでしょう」

 死ぬまで働くなんてという声が多いのかと思いきや、70代になっても仕事が幸せにつながるのだという。ただし、その内実を見ると、意外な結果が見える。

「高齢者は正社員よりもパートタイムで働いたほうが幸せというデータがある。週15時間未満の労働時間が、一番幸福度が高いという調査結果もあります。現役世代の正社員のようにフルでコミットする働き方は辛いのだと思います」(同前)

※週刊ポスト2017年12月15日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

月20万円稼ぎ続ける自動売買系FXに新展開 メキシコペソに妙味あり
トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。