ライフ

2016年の年末ジャンボ 1等の前後賞1億5000万円は4本未換金

昨年の年末ジャンボの当せん金は支払期限間近。もう一度確認を

 宝くじの当せん金が受け取れるのは支払開始日から1年以内。それを1日でも過ぎれば時効になる。全国自治宝くじ事務協議会の発表によると、平成28年度の時効当せん金は181億円で、その中には1億円以上の当せんが15本あったという。

 例えば、大みそかに抽せんされた「年末ジャンボ」宝くじ。1等の前後賞1億5000万円が4本も未換金のまま。1等はすべて換金されているので、バラで買われたかたが見落としている可能性があるだろう。また、2等1500万円は38本も引き換えられていない。

 さらに、「年末ジャンボミニ1億円」の1等1億円が5本、「年末ジャンボプチ1000万」の1等1000万円が74本も換金されていない。(すべて平成29年11月20日現在)

 これらの当せん金は、平成30年1月4日に支払期限を迎える。どこかにしまい忘れている宝くじがないか、もう一度確認してみるといいだろう。

 なお、時効当せん金は収益金と同様に、発売元の地方自治体へ納められる。丸っきり無駄になるわけではないので、ご安心してほしい。

※女性セブン2018年1月4・11日号

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。