マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

iPhone X不振、販売台数見通し減少で中国工場では求人停止も

2017年12月28日 7:00

iPhone Xの2018年第1四半期の販売台数は4割減の見通し

 iPhone Xの販売が思わしくないようだ。中国本土の複数のメディアが報じたところによれば、アップルは2018年第1四半期の販売台数見通しを引き下げた。これまで5000万台を発注していたが、それを4割減らし3000万台に落としたようだ。情報源はサプライチェーンであり、信憑性が高いとみられる。

 iPhone Xの組み立てを一手に請け負う鴻海科技集団傘下企業の本土鄭州工場は、12月9日の時点では、求人活動を行っていたが、その後ストップしている。新製品発売後は求人募集活動がしばらく続くのが恒例だが、25日には全面的に求人をストップしたと正式に発表している。この点について、同社はそれ以上、何も発表していないが、本土の市場関係者たちの間では現在の生産量に見合う労働力は既に確保できているといった見方がコンセンサスとなっている。

 アップルはTSMC(台湾の世界最大の半導体ファンドリー)に対して、iPhone Xに搭載されるA11プロセッサーの発注を大幅に減らし、2018年第1四半期におけるA11プロセッサーの投入量は2017第4四半期よりも30%減らすようだ。国内通信キャリアにおけるiPhone Xの流通在庫が増え始めており、市場価格は下がり始めている。こうした事実は、全体としてiPhone Xの人気はいまひとつであることを示している。

 サプライチェーン関係者によれば、iPhone Xだけではなく、 iPhone 8の販売状況も芳しくない。2018年第2四半期に入ってしまうと、次の新機種への期待から、消費者は買い控え行動を取り始める。iPhone需要に関しては、2018年下期に新機種が発売されてようやく回復のチャンスが訪れるだろうと関係者の多くは予想している。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。