マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

iPhone X不振、販売台数見通し減少で中国工場では求人停止も

2017年12月28日 7:00 マネーポストWEB

 12月25日のアップル関連銘柄の株価をみると、航空電子(6807)は▲2.1%安、アルプス(6770)は▲1.5%安であった。本土A株では、安潔科技(002635)が▲9.9%安、藍思科技(300433)が▲8.7%安、超声電子が▲7.0%安であった。

 iPhoneの不振に加え、足元では本土スマホ市場の成長が鈍化している。世界全体で電子部品セクターに売り圧力がかかりかねない状況である。

 ただし、アップルについては、ビジネスモデルの転換が進みつつあり、株価は持ちこたえる可能性もありそうだ。ハードの販売で収益を上げるだけでなく、モバイルオペレーションシステムであるiOS11上に展開するソフトウエア、サービスなどからも収益を上げるといったビジネスモデルに移行しようとしている。ソフト面でのアップル関連銘柄にはチャンスがあるかもしれない。

文■田代尚機(たしろ・なおき):1958年生まれ。大和総研で北京駐在アナリストとして活躍後、内藤証券中国部長に。現在は中国株ビジネスのコンサル ティングなどを行うTS・チャイナ・リサーチ代表。ブログ「中国株なら俺に聞け!!」、メルマガ「週刊中国株投資戦略レポート」も展開中。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。