マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

2018年の株式市場 平昌五輪、FRB議長・日銀総裁人事の影響は

2018年1月4日 11:00

 2月3日にイエレン・FRB議長が、4月8日に黒田東彦・日銀総裁が任期満了を迎える。日米両国の金融トップの人事はどんな影響を及ぼすのか。

「FRBの次期議長は現理事のパウエル氏に内定しています。金融政策自体は大きな変化がなく、年3~4回の利上げが実施される見通しです。日銀の黒田総裁は続投という見方が支配的で市場もそれを織り込んでいますが、安倍内閣のブレーンで、消費税引き上げに慎重な立場といわれる本田悦朗・駐スイス大使の目も考えられます」(藤井氏)

 仮に本田総裁となれば、さらなる金融緩和に加え、消費増税引き上げ延期の可能性が出てくる。

「となると、増税延期で消費の冷え込みが回避されるため、消費関連銘柄にとっては追い風に。なかでも業績を拡大しているネット系の小売りは注目。人気ファッション通販サイト『ZOZOTOWN』を運営するスタートトゥデイ(東1・3092)や、靴を中心とした通販サイトを手がけるロコンド(マザーズ・3558)あたりは要注目でしょう」(同前)

※週刊ポスト2018年1月12・19日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。