マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

市場縮小続く呉服業界 「18歳成人」でさらなる打撃も

2018年1月19日 11:00

「成人式に振り袖」も廃れていく?(イメージ)

 1月8日、成人式のための振り袖販売などを手掛ける業者「はれのひ」が突如行方をくらませて営業停止。すでに支払いを終えていた人々が成人式に参加できなくなるという事件が起こり、大きな話題となっている。なかには100万円以上を支払っていた人もいたという。

 なんの前触れもなく営業停止した「はれのひ」の経営姿勢は言語道断だが、その一方で今回の騒動の背景には、呉服業界の苦しい現状も垣間見える。日本人の着物離れは深刻で、多くの呉服屋も窮地に立たされ、売却や倒産が相次いでいる状況だ。矢野経済研究所の調査によると、呉服業界の市場規模は年々縮小しており、1980年には1兆8000億円あったとされる呉服小売市場規模は2016 年には2785億円。6分の1以下へ低下しているのだ。

「18歳成人」なら大学受験と成人式が重なる?

 また、1月22日から始まる通常国会では、成人年齢を18歳に引き下げる民法改正案が提出される見通しだ。仮に成人式が18歳で行われるようになった場合、大学受験の時期と重なってしまうため、参加者数の減少も予想される。

 さらに、高校の卒業前となるため、学校の制服で出席する人も増える可能性がある。呉服業界に影響が及ぶことは想像に難くないが、実際に高校生の子どもを持つ親たちは、成人式について、どのような認識を持っているのか。現在高校1年生の娘を持つ40歳の主婦は、「やっぱり振り袖を着せることになるでしょう」という。

「成人式を迎える子どもの祖父母の世代には、振り袖を着させたがる人が多いんです。私の娘が成人式に出席するかは本人次第ですが、少なくとも振り袖を着た写真は撮影すると思います」

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。