マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

気軽な中学受験に落とし穴 入学後に学費以外がかさみ後悔することも

2018年1月25日 16:00

気軽な中学受験の「落とし穴」とは

 幼稚園から大学まで、子供の教育費はいくらかかるのか。教育費に詳しいファイナンシャルプランナーの竹下さくらさんの著書『「教育費をどうしようかな」と思ったときにまず読む本』や、平成28年度の文部科学省「子供の学習費調査」も参照したところ、教育費の総額は以下のようなものになっている。

・幼児期(3年間):私立で約145万円、公立で約68万円
・小学校(6年間):私立で約916万円、公立で約193万円
・中学校(3年間):私立で約398万円、公立で約143万円
・高校(3年間)私立で約311万円、公立で135万円
・大学(4年間):国立自宅外からで約816万円、自宅からで約527万円。私立文系の自宅外からで約923万円、自宅からで662万円。私立理系の自宅外からで約1064万円、自宅からで約799万円。

 この数字は、大学までにそれぞれかかる教育費の平均だ。ここには、授業料、修学旅行費、給食費などの学校教育費と、習い事などの学校外活動費も含まれる。お金がかからないのは幼児期から大学まですべて国公立にするケースだが、それでも子供1人あたり1000万円以上かかる。竹下さんはこう語る。

「大学生のいる約2割の世帯で教育費が可処分所得の4割を超え、赤字になっています。教育にかけられる予算を決め、大学資金まで備えておかないと、自分たちの老後資金が危うくなります」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。