マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

確定申告で要注意 子供のバイトのしすぎで増税されるケースも

2018年2月9日 15:00

確定申告では子供のバイト代にも注意

 2月16日から確定申告が始まる。確定申告をすれば、多く払った分の税金を取り戻せて還付金という名の“ボーナス”が手に入るが、子供がバイトしている場合はそのバイト代に注意する必要がある。せっかくの節税も無駄になってしまう場合があるのだ。

 今年は子供のバイト代で、親が増税されるケースが多発しそうだと、税理士の山本宏さんは話す。

「昨今の人手不足は深刻で、企業は時給を上げたり、特別手当を出したりしてバイトを確保し、バイト側もシフトを多く入れる傾向があります。子供の収入が年間103万円を超えると、たとえ高校生でも扶養親族とは認められなくなり、親は38万円あった扶養控除を使えなくなります。

 子供が19~22才なら、特定扶養控除で63万円もあった控除が0円になってしまうので、所得税率が20%の親なら、住民税と合わせて20万円近くも税金が跳ね上がってしまうことになります」

 子供のバイトのしすぎは家計に甚大な被害をもたらすので、くれぐれも注意だ。

※女性セブン2018年2月15日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。