マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

生命保険 50代後半の人はすぐにも死亡保障の見直しを

2018年2月11日 16:00

保険の見直しは定年後の家計への影響も大きい(イメージ)

 定年後を見据えた家計を考えるときに、保険の見直しは影響大だ。まず、メスを入れるべきは「死亡保障」だ。ファイナンシャルリサーチ代表の深野康彦氏が語る。

「定年退職を控えた50代後半の人の多くは、すぐにでも見直した方がいい」

 死亡保障を外す最良のタイミングについて、深野氏は「子供が社会人になった時」だとする。

「死亡保障は稼ぎ頭のサラリーマンが亡くなった際、残された家族の生活や子供の教育資金に充てられるものです。その必要性は末子が生まれた時をピークに下がっていき、子供が仕事に就いて独立したら、いらなくなります。

 子供が大学に通っている段階でも、教育費が別立てで準備できているのであれば、手厚い保障で備えておく必要性は低くなっているといえます」

 さらに「子供の独立よりも前倒ししてもいい」と説くのはファイナンシャル・プランナーの森田悦子氏だ。

「貯蓄型の終身保険に掛け捨ての定期保険を上乗せするのが一般的な組み合わせですが、適切な時機に掛け捨ての上乗せをなくす判断が必要です。子供に手がかからなくなり奥さんが働き始めたタイミングも好機の一つ。40代半ばくらいで稼ぎ手が夫と妻の2馬力になっていれば、大黒柱が死亡した際の経済的ダメージも小さくて済みます」

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

目先の予想をしないFX コツコツ稼いで総利益100万円以上になることも
高金利通貨の新たな主役「カナダドル」に注目する理由
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。