マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

IPO銘柄の最新投資戦略 業績変化のタイミングに大きな妙味

2018年2月18日 20:00

 一方で、上場後にいったん株価が調整した後に、開示された業績予想の上方修正や決算発表を見たうえで、業績の変化率を好感して買われた銘柄が複数あった。セカンダリー投資で狙うべきは、そうした銘柄だろう。

 2017年のIPO銘柄でいえば、独立系のエレベーターメンテナンス会社であるジャパンエレベーターホールディングス(東証マザーズ・6544)が典型例だろう。3月17日にIPOした同社株は、公開価格550円に対して890円の初値をつけた後はもみ合っていたが、2018年3月期の上期に2度の業績予想の上方修正を行なったことで上昇気流に乗り、その後の株価(2017年9月末に1対2の分割あり)は初値の約6倍まで膨らんだのである。

 したがって、具体的な戦略としては、初値買いにこだわらず、IPO後に株価がいったん調整してから、業績修正や決算発表などで業績変化率を確認しつつ、今後も好業績が続くと思われる銘柄を絞り込んで買うことだ。この戦略を実践すれば、ただ需給や期待値で買われる銘柄より、勝てる確率ははるかに高いはずだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。