マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

孫正義氏が目論む「ソフトバンク2兆円親子上場」の狙い

2018年2月14日 7:00

孫正義氏の狙いは?

 ソフトバンクグループ(SBG)は傘下の携帯事業会社ソフトバンクを東証1部に上場させる方針を固めた――1月半ばに報じられたこのニュースは、市場関係者や投資家の耳目を独占した。なぜSBGは「親子上場」を目論んでいるのか。投資情報サイト「IPOジャパン」編集長・西堀敬氏が、その狙いを読み解く。

 * * *
 ソフトバンクのIPO(新規上場)の時期は、10~11月が予想される。このIPOでは、親会社のSBGが保有する株式のうち約3割を売り出し、市場からの資金調達額は2兆円程度といわれている。したがって、1987年のNTT(資金調達額は約2兆2000億円)、1989年のNTTドコモ(約2兆1000億円)に並び、過去最大規模のIPOとなりそうだ。

 では、なぜこの時期に、SBGは子会社のソフトバンクを東証1部へ「親子上場」させようとしているのか。SGBの孫正義・会長兼社長の意図はどこにあるのだろうか。

 東証1部への親子上場といえば、NTTとNTTドコモがすぐに思い浮かぶ。しかも、NTTドコモ株は大きく値上がりしたので、孫氏が二匹目のドジョウを狙ったのではないかという想像もできなくはない。だが、NTTドコモが新規上場した当時と今は、携帯電話事業を取り巻く経営環境の厳しさがまるで違う。

 ドコモとソフトバンクとauに加え、楽天が自前でインフラを整えて本格参入を表明しており、携帯電話事業は今後ますます競争が激化し、経営環境が厳しくなることが予想される。それを考えれば、孫氏がソフトバンクを上場させる別の目論見が見えてきそうだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。