マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

戸松信博の明日の爆騰株を探せ!

第4次産業革命の心臓部、半導体製造を手がける日本企業の実力

2018年2月22日 7:00

半導体製造を手がける日本企業の実力とは

 ビッグデータやAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)による「第4次産業革命」が世界中で進行しているといわれる。日本でも官民を挙げて取り組んでいる、それら次世代技術の心臓部が高性能半導体である。

 グローバルリンクアドバイザーズ代表の戸松信博氏は、その将来性について次のように分析する。

「元々は東芝が最初に開発した『3D-NAND』という高性能半導体が登場したことによって、ありとあらゆるデータの蓄積が可能となりました。それまでの半導体を“平屋建て”とすれば、3次元で構成される3D-NANDは“高層ビル”といっていいほど容量が飛躍的に伸びた。それによってIoTやAIが現実のものとなり、今後、世界経済を成長させていく大きなカギを握っているのです。

 しかも2020年に必要と見られる高性能半導体の工場に対し、現状ではその数分の1しか予定がたっておらず、まだまだ足らない。そこに向けて半導体メーカーの積極的な設備投資が少なくとも今後2年は続くでしょうから、半導体製造装置の需要は増大する一方です」

 元々3D-NANDは東芝が最初に開発したものだが、その後の量産では韓国サムスン電子に遅れをとり、東芝自体の凋落もあって、日本企業はせっかくの拡大チャンスをふいにするような状況となっている。しかし、その製造過程において、日本企業の実力は目をみはるものがあるという。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントを無駄にしていませんか? ポイントを投資に有効活用
2019年の為替相場を予想する上で注目したい5つの点
月5000円の金利収入も メキシコペソのスワップポイント比較
楽天ポイント投資を徹底解説 初心者におすすめの始め方は?
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。