マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

NHK受信料は6892億円 いったい何に使われているのか

2018年3月18日 16:00

受信料は何に使われているのか(写真:時事通信フォト)

 番組制作費の不正支出など、2004年からNHKの不祥事が相次いで発覚し、受信料の不払いが増加した。一時は7割を切った支払率だが、受信料の支払率は79%(平成28年度末)に回復している。平成29年度「収支予算及び事業計画」によると、受信料収入は約6892億円。いったい何に使われているのだろうか。ここでは受信料支払いの「その先」について紹介しよう。

【Q:受信料以外にも、NHKって国からお金をもらっている?】

 総務省の外郭団体で、国際放送を委託されているNHKには国から交付金が支給される。その額は、年間7000億円超の事業予算のうち35億円程度(平成29年度「収支予算及び事業計画」)。

「事業計画と予算は毎年国会で審議されますが、NHKは『国営放送』ではありません。ほとんどが受信料収入によるものです」(ジャーナリストの小田桐誠さん)

【Q:こんなに受信料を払っているんだから、本当は儲かっているんじゃない?】

「東日本大震災の際に被災者の受信料を免除したように、いざというときのためにお金をある程度蓄えておくことも必要。ただ、収支決算報告書などを見る限り、今のNHKの経営状態はかなりいい。その分を、新社屋の建設費用や、4K・8Kなど新たな事業につぎ込んでいるのです」(小田桐さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。